大人気のYouTube、これからどうなる?

現在パソコンはもちろん、スマートフォンやタブレットなどの様々なプラットフォームの普及で気軽に扱えるようになり大人気となったYouTubeですが、今後はどのようになるのでしょうか?先ず現状を考えてみましょう。
YouTubeは動画制作を行う側と作られた動画を視聴する視聴者側の2種類の利用者に大きく分かれます。
前者については、チャンネルを作ることで動画を投稿することが可能になります。
そして投稿した動画の再生回数を稼ぐことにより、収益を得ることが可能になります。
企業単位で投稿しているチャンネルもあれば、自分で考えた裏技を個人単位で投稿したり、企業の案件を受け取ってそれを個人で投稿するチャンネルもあります。
このようにして収益を得ている人たちが今、YouTuberと呼ばれ話題になっているのは周知の事実でしょう。
後者についてですが、こちらが一般的なYouTubeの使い方です。
検索をかければそれに関連する動画を視聴することができます。
チャンネルを作ることでチャンネル登録、コメント投稿、高評価リストの作成、履歴からの視聴等より快適に視聴するための機能を利用できます。

視聴者ユーザーは多いので、動画を制作すれば多くの人に動画の情報が広がります。
チャンネル登録者数が何百万人にもなるとその影響力はすさまじいものになるでしょう。
現在これをビジネスとして使えるのではないかという考えが広がっており、それが先述したYouTuberたちへ他企業から商品紹介等が依頼される理由となっています。
もはや現在のYouTubeは巨大なビジネスツールになりました。
先代の動画投稿者つまり現在の大人気YouTuberたちが一時代を築いたといえるでしょう。

現在様々なプラットフォームが普及しています。
これにより身近に使えるようになったのはYouTubeだけではありません。
ゲームやアニメ等の娯楽が身近に触れられるようになったのです。
こういった経緯のお陰で、これらの娯楽も一般的に受け入れられるようになってきました。
ブームや社会現象にもなりえるものがアニメやゲーム等の中から生まれやすくなることで、それらに関連する動画がYouTubeにも投稿されるでしょう。
視聴回数もすさまじくなるはずです。
現に最近バーチャルYouTuberというものが話題になりました。
これは今後のYouTubeで人ではなく架空のキャラクターが現在でいうYouTuberとして受け入れられるという新しい考え方の兆候になるのかもしれません。

人気記事一覧